社会貢献活動・復興支援活動への取り組み

私たちは、地域社会を支える一企業市民として、様々な社会活動への参加、文化・環境保全活動の支援を行っています。

日専連ライフサービスCSR理念

株式会社日専連ライフサービスは、「地域社会」「お客様」「株主」の皆さまに価値を提供することで、くらしの“豊かさ”を創出し、社会全体の持続的な発展に貢献していきます。

  • 社会貢献カードの発行
  • 復興支援への取り組み
  • 環境保全活動への取り組み
  • 文化活動への支援
  • スポーツ振興活動
  • 社員による社会貢献活動

社会貢献カードの発行

日専連ライフサービスでは、社会貢献として3種のクレジットカードを発行しております。カードのご利用金額の一部が弊社負担で各々に拠金または支援金として寄付を行っております。

光のページェントカード
光のページェントカード
Fukurumカード
Fukurumカード

ベガルタ仙台カード
SENDAI光のページェントカードは、カードをご利用すると自動的に「SENDAI光のページェント実行委員会」へカードご利用金額の一部が日専連を通じて寄付されます。 (公財)福島県観光物産交流協会、福島県と連携し、発行しているカードです。ご利用額の一部が福島県産品の振興・風評被害払拭に役立てられます。 プロサッカーチーム『ベガルタ仙台』のオフィシャルカードです。カードご利用額の一部がベガルタ仙台のチーム強化費として役立てられます。
光のページェントカードについては
こちら
拠金額はこちら
Fukurumカードについては
こちら
拠金額はこちら
ベガルタ仙台カードについては
こちら
支援額はこちら

復興支援への取り組み

東日本大震災義援金拠出について

弊社では、震災発生直後より被災した方々や、被災地の小・中学校の児童、生徒の方々を支援するため、2011年4月1日より11月27日まで義援金の募集活動を行って参りましたが、その結果については以下のとおりでございます。

寄付内容

1.受付期間 2011年4月1日〜6月30日

  • 日専連カード払い及びポイント交換による義援金総額 1,908件/4,570,000円
  • 寄付先(内訳)
    ・宮城県庁 3,570,000円(平成23年7月28日振込)
    ・宮城県文具事務用品組合連合会 金額: 1,000,000円(平成23年5月30日振込)

2.受付期間 2011年11月1日〜11月27日

  • ポイント交換による義援金総額 182件/478,000円
  • 寄付先(内訳)
  • 岩手県33,000円、宮城県219,000円、福島県169,000円、日本赤十字社 57,000円

※ポイント交換による義援金は、日専連カード会員が一年間貯めたスマイルポイントを、会員からの申し出により、義援金に振替えした金額となります。

被災地支援

被災地支援の一環として、南三陸町や女川地区をめぐる「宮城・海のまちバスツアー」を実施し、当社のカード会員様を被災地へ送客しております。

平成28年熊本地震義援拠出金について

■ 日専連カード払い及びポイント交換による義援金総額 340件/906,500円
■ 受付期間 2016年4月20日〜5月31日
■ 寄付先
 ・日本赤十字社を通じて熊本県へ寄付。
 ・送金日:平成28年6月20日(月)

Fukurumカード発行について

(公財)福島県観光物産交流協会、福島県と連携し、
Fukurumカードを発行しております。

ご利用額の一部が弊社負担で福島県産品の振興・風評被害払拭に役立てられます。

Fukurumカードについてはこちら
拠金額はこちら

COOPトリプルカードみやぎスマイル基金

みやぎ生協店舗でのCOOPトリプルカード決済1回につき1円を1年間積み立て、それを社会貢献のために活動している組織・団体等に贈呈し支援いたします。

<贈呈先選考方法>宮城県内に公募をかけ、選定委員会で確定する。
<公募期間>毎年10〜12月
<原資積立期間>毎年3月1日〜翌年2月末日までの1年間

2016年度実績

贈呈金額:2,993,000円

<贈呈先>
・特定非営利活動法人仙台夜まわりグループ
・NPO法人Links五橋
・社会福祉法人仙台いのちの電話
・一般社団法人煌の会
・ちびぞうくらぶ


・特定非営利法人高齢者サポートチームしおたが
・ぼーだれすあーとクラブBAC仙台
・工藤手話企画
・3.11を語りつぐ会
・せんだいまち力ミュージアム実行委員会 (順不同)

環境保全活動への取り組み

MELONの活動を支援する日専連商品券

日専連は、地球環境保全のため宮城県内の生産者から消費者までが一 体となり、環境問題に取り組んでいる「財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)」の活動を支援しています。この商品券をご利用いただくと、ご利用金額の一部を弊社負担で、MELONの活動基金として寄付しています。
拠金額についてはこちら

WEB請求明細サービス

ご郵送の「ご利用代金明細書」に代えて、Eメールでお知らせいたします。請求明細は日専連オンラインサービス「マイネットプラス」でご確認いただけます。
請求明細を電子化することで、紙の原料である木材・パルプ資源の節約を推進しています。
≫詳しくはこちら

エコオフィス、クールビズ

環境保全活動の一環として環境省の提案する“クールビズ”を取り入れ、オフィスのエアコンの温度設定を下げて温室効果ガス削減に協力しています。また、グリーン購入を推進し、エコオフィス化を図っています。

文化活動への支援

仙台クラシックフェスティバル

2006年から開催されている仙台クラシックフェスティバルに弊社では2年連続で企画協賛しており、
弊社カード会員限定のご招待キャンペーンを実施いたしました。

実施内容

2014年 仙台クラシックフェスティバル2014
日専連カードスペシャルコンサート 中村紘子コンサートにご招待
2015年 仙台クラシックフェスティバル2015
日専連カードスペシャルコンサート 千住真理子コンサートにご招待
2016年 仙台クラシックフェスティバル2016
日専連カードスペシャルコンサート 牛田智大コンサートにご招待

劇団四季ミュージカル

仙台で開催された劇団四季ミュージカルのロングラン公演に企画協賛し、弊社カード会員限定のご招待キャンペーンを実施いたしました。

実施内容

2013年 劇団四季ミュージカルCATS仙台公演にご招待
サプライズイベントの実施
2015年 劇団四季ミュージカル美女と野獣仙台公演にご招待
サプライズイベントの実施
会員限定チケット販売の実施
2016年 劇団四季ミュージカルウェストサイド物語にご招待
会員限定チケット販売の実施

日専連全国版画コンクール

日専連全国児童版画コンクールは、子供たちの思いを大切に、みずみずしく豊かな感性を育み、文化的で暮らしのよい「まちづくり」を目指して、文部科学省と日本版画協会からの後援をいただき、全国の小学生を対象に開催しています。
毎年、たくさんの学校から元気いっぱいの作品が寄せられています。

市民講演会

定期的に市民講演会を開催しカード会員の皆様を無料でご招待しています。

【主な公演の内容】
2016年11月 塩沼亮潤氏(慈眼寺住職)
2016年6月 高橋敏夫氏(早稲田大学文学部教授)
2015年10月 大山健太郎氏(アイリスオーヤマ株式会社代表取締役社長)
2014年11月 塩沼亮潤氏(慈眼寺住職)
2014年4月 熊谷達也氏(作家)
2013年9月 加来耕三氏(歴史家・作家)
2013年4月 腰塚勇人氏(元体育教師・養護教師)

こんな部屋いいな絵画コンテスト

小学生のうちからインテリアに関心をもってもらいたいと始まったこんな部屋いいな絵画コンテストは宮城県内全域の小学校を対象に開催しており、弊社は「日専連ライフサービス賞」を設けております。

スポーツ振興活動

日専連カードは、地元のプロスポーツ「ベガルタ仙台」「東北楽天ゴールデンイーグルス」を応援しています。

ベガルタ仙台の応援

・ベガルタ仙台カードの発行
『ベガルタ仙台』のオフィシャルカードとして『ベガルタ仙台カード』を発行しております。カードご利用額の一部が弊社負担でベガルタ仙台のチーム強化費として役立てられます。
ベガルタ仙台カードについてはこちら

・マッチデーの実施

2013年から4度にわたり「ショップ&ワンダー アエル×日専連ライフサービス ベガルタ仙台マッチデー」を開催しております。当日はカード会員にお楽しみいただける抽選会の他、カード会員限定のイベントご招待などを実施いたしました。

・ベガルタ仙台レディース「井上綾香選手」の応援

井上綾香さん画像
ベガルタ仙台レディースで活躍する井上綾香選手は日専連サービスカウンターに勤務しています。
日専連ライフサービスはベガルタ仙台ならびに井上綾香選手を応援します。 井上綾香さん画像

東北楽天ゴールデンイーグルスの応援

2004年に東北唯一の球団として設立された「東北楽天ゴールデンイーグルス」を応援しており、その一環として弊社カード会員限定のご招待キャンペーンを実施いたしました。

社員による社会貢献活動

仙台 青葉まつり

毎年、地域の小学生から公募した愛姫が搭乗する「日専連政宗公兜山鉾」の巡行パレードをはじめ、日専連青葉組のすずめ踊りなど、お祭りやイベントに積極的に参加しています。
また、お祭りの主役は市民一人一人。市民の参加で祭りを盛り上げる趣旨にもとづき、青葉まつりへの市民の参加を提唱しています。

どんと祭 裸まいり

裸まいりは大正時代より続いている仙台の伝統行事です。
弊社では1980年から毎年若手社員を中心に、一年のはじめに家内安全、無病息災を共に祈願しています。

宮城掃除に学ぶ会

宮城掃除に学ぶ会は、掃除を通して自分たちの「心の荒み」と「社会の荒み」をなくすことを目指して「NPO法人日本を美しくする会」が日本全国のみならず世界各国で取り組んでいる運動です。全国から700名を超える方々が参加し、小中学校のトイレを中心とした校内清掃を行っております。弊社はこの活動に賛同し、第1回(平成8年開催)から参加しています。

社員ボランティア活動

東日本大震災は各地で甚大な被害をもたらしましたが、福島県は大震災に加えて発生した原発事故による風評被害で、未だに農林水産業を中心に深刻な状況が続いています。 弊社では同県の復興を支援するにあたり福島県庁と連携し、提携カード(Fukurumカード)を発行しておりますが、「カード以外でも復興にお役に立ちたい」という声が上がり、社員ボランティアがローテーションを組み、JA新ふくしまが運営または所属する農地において、農作業のお手伝いをさせていただきました。