お知らせ・ニュース

「SSL 3.0」脆弱性への対応について【重要】

掲載日:2015/3/26

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL 3.0」に深刻な脆弱性が発見されております。
当社では、お客様の情報保護を第一に通信の安全性を確保するため、2015年4月27日(月)以降、「SSL 3.0」によるアクセスを停止し、次期バージョンの通信方式「TLS」へ切り替えさせていただきます。

SSL 3.0利用停止の影響
この対応により、ブラウザのセキュリティ設定において「TLS 1.0」以上が有効化されていないお客様は当サイト(https://から始まるサイト)の表示ができなくなります。
   ※ページが閲覧できない等の事象が発生した場合は、ブラウザーの設定をご確認いただきますようお願いいたします。

Internet Explorerの設定例
1. Internet Explorerの「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。
2. ダイアログボックスの「詳細設定」タブをクリックします。
3. 「セキュリティ」カテゴリの「SSL 3.0を使用する」チェックをオフにし、「TLS 1.0を使用する」をオンにします。
   (使用可能な場合は、「TLS 1.1の使用」及び「TLS 1.2の使用」チェックをオンにします。)
4. ダイアログボックスの「OK」をクリックします。
5. Internet Explorerを再起動します。
   ※上記設定により、閲覧ができないウェブサイトがでる可能性がございます。

その他のブラウザ
Safari、FireFox、GoogleChromeにつきましては、最新バージョンでご利用ください。

携帯電話(フューチャーフォン)のご利用について
古い機種の一部では、通信方式が「TLS」に対応していないため、当サイト(https://から始まるサイト)の表示ができなくなります。
つきましては、現在ご利用の携帯端末を最新のものに換えていただくか、他のインターネット(PC等)環境にてご利用くださいますようお願い申し上げます。

お客様へは大変ご迷惑をお掛けいたしますが、会員の皆様に安心してご利用いただくため、これからも様々な安全対策を行ってまいりますので、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。


「SSL 3.0」の脆弱性対策に関する詳しい情報は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPS)のサイトでご覧いただけます。
   ※外部サイトへアクセスします。