カードのご利用方法

ご利用になる前にご確認ください。

カードフェイス

※提携カードの場合はデザインが異なります。

  1. 1CD・ATM機へのカード挿入方向を示しています。
  2. 2あなたの会員番号(16ケタ)です。お問い合わせや各種照会の際に必要になります。
  3. 3あなた様のお名前が表示されています。※ご指定が無い場合はヘボン式で表示致します。
  4. 4有効期限は西暦で表示され、表示月の末日までご利用いただけます。
    〈例〉カードの表示が「06/'15」の場合:2015年6月末日までご利用いただけます。
  5. 5ICチップは必要以上に力を加えたり、カードを曲げたりした場合、破損する場合がありますのでご注意ください。
    (カードの種類により一部ICチップがついていないカードがあります。)
  6. 6情報処理用の磁気テープです。カードを折り曲げたりしないよう、ご注意ください。
  7. 7署名欄です。カードが届いたらすぐにご署名ください。
    漢字でもローマ字でも結構です。カードはご署名いただいたご本人以外はご利用いただけません。

セキュリティーコードについて

サインパネル右上の下3桁が、お客様のセキュリティーコードとなります。
日専連オンラインサービスへの新規登録や、インターネットショッピングの際には、こちらの数値をご入力ください。

※加盟店によっては、4桁のセキュリティーコードのご入力を求められる場合がございますが、下3桁のみご入力ください。

カード裏面・署名欄に自筆でサインをお願いいたします。

カードが届いたら、カード表面の氏名が間違っていないか確認し、裏面のご署名欄に自筆でサインをしてください。
漢字のサインでも海外で適用します。

カードの裏にはサインが必要です。
カードの裏にはサインが必要です。
●ご本人以外のカードのご利用はできません。
●カードの裏面には必ずサインをしてください。

ご利用可能枠をお確かめください。

ご利用可能枠は、カード送付台紙またはご利用代金明細書に記載されています。

  • ※ショッピング割賦可能枠とは、リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い・ボーナス二回払いにおける利用可能枠です。(1回払いは除く)
  • ※日専連カードを複数枚お持ちの場合、カードごとに定められたご利用可能枠のうち、最も高い額が適用されます。

カードの利用

ロゴ

売上伝票に記載された支払い回数と金額に誤りがないか確認した上で、カード裏面と同じサインをしてください。
商品と一緒にもらう伝票はお客さまの控えになりますのでお支払いが終わるまで大切に保管して下さい。

・ICカードご利用の場合、お店のカード処理端末により異なりますが原則として、暗証番号の入力が必要となります。

ご利用代金は、毎月月末で締切り、翌月27日払いです。

お支払いの仕組み
  1. 1当月のご利用額が翌月支払いの対象となります。
    • ※一部の加盟店および海外でのご利用分は事務処理の都合により翌々月以降の請求となる場合があります。
  2. 2毎月14日頃、ご請求明細書をお届けします。
  3. 3翌月の27日が支払い日です。
    • ※27日が金融機関休業日の場合は翌営業日の引落しとなります。
    • ※お引き落としの口座を登録されていない場合は、「振込用紙」を送付いたします。お近くの郵便局又はコンビニエンスストアよりご入金ください。
    • ※海外加盟店でご利用代金は、当社規定の換算レートで、日本円に換算し、国内利用分とあわせてご請求いたします。

暗証番号はご記憶ですね?

PIN

暗証番号は、ご本人様を確認するために必要となる大事な番号です。カードご利用の際は、キャッシングのみならず、ショッピングご利用の際にも暗証番号の入力が必要となることがあります。
ご入会時に、登録した暗証番号をお忘れの場合は、お電話・インターネット・日専連カウンターにて「暗証番号通知サービス」をご利用ください。

詳しくはこちら

ICカードについて

ICカードとは、IC(Integrated Circuit=集積回路)チップを搭載したカードです。
ICカード化したことで、偽造・変造などが困難になり、カードの安全性がいっそう高まります。

詳しくはこちら

カードの保管にご注意ください。

  • カードは身近に置くか、目を離さずにおきましょう。
  • 万一に備えカード番号と連絡先はメモしておくと良いでしょう。
  • ※飲食店の椅子や壁にかけた上着やかばん、駐車時の車内など、いつどんな場所にも被害の可能性は潜んでいます。
  • ※万一紛失・盗難にあった場合は日専連と最寄りの警察にご連絡ください。