お知らせ・ニュース

東北学院大学にて、当社代表取締役社長の羽生正弘が講演いたしました。

掲載日:2018/10/25


 2018年10月18日(木)、東北学院大学にて、東北学院大学経営研究所起業家シンポジウムが開催され、当社代表取締役社長の羽生正弘が講演いたしました。

 「キャッシュレスの現状と働き方改革」というテーマのもと、キャッシュレス社会の時代の変化や当社の働き方改革の事例を交えながら、「地域とともに歩んでいく」当社のあるべき姿も話しました。
 また、学生の皆さんに対して「スマートフォンの登場などにより大きく変化する社会の中で、どのような人生を歩むのか真剣に考えて行動することの大切さ」や「自己啓発の大切さ」を伝えました。

 聴講した学生の方々から多くの感想が寄せられましたので、その一部を紹介させていただきます。

●スマホ登場等によるキャッシュレスの進展は、企業の生産性向上や、産業における新事業の創出など、私たちの身の周りに様々な変化をもたらしていることを知った。

●今回のお話を聞く中で、スマホの登場等によるキャッシュレスの進展に伴って、様々な落とし穴があるということを学んだ。個人情報が漏えいしてしまう危険性やフィッシング詐欺などの問題と常に隣り合わせであることをしっかりと胸にとめ生活したいと感じた。

●今回のお話を聞き、自分の将来について改めて考えていく必要があると感じた。そのためにも自分の得意不得意や性格について分析したいと思った。

●自己啓発をするために何をしていくかについても考え、本を読み、様々な知識を自分のものにしていきたい。

 日専連ライフサービスでは、今後も地域貢献の一環として様々な活動に取り組んで参ります。