お知らせ・ニュース

障害者就労支援(体験実習)の取組みについて

掲載日:2017/10/5


鞄専連ライフサービスでは、障害者就労支援の受け入れを平成29年7月より開始しております。
10月には毎週木曜、各2時間程度で実習生1名を受け入れ、様々な事務作業などの実務を経験いただいています。
派遣元である「ほっぷの森」は、社会的自立を目指す多くの障害のある人たちに職場創り、仕事創りの側面でサポートを図るべく、2007年に設立された特定非営利活動法人です。
当社も地元企業として、地域にお住まいの障害のある方が職業を通じ、誇りをもって自立した生活を送るお手伝いができるよう、今後もほっぷの森の活動を支援していきます。

■支援者派遣元:特定非営利活動法人 ほっぷの森
        就労支援センター  ほっぷ
        仙台市青葉区本町1-2-5 4F
■目的:障害(知的障害、高次脳機能障害等)のある方に対して、
    社会的な自立・継続的な一般就労を目指すトレーニングの場の提供を行う。

≪ほっぷの森支援員 藤野さんより一言≫
体験した実習生にとって、職場の雰囲気を体感でき、また自分でもできる仕事を見つけることで自信がつき、とても有意義な経験となったようです。実習体験後は、それぞれ自分達で次のステップへの課題を見つけて、意欲的にほっぷのトレーニングに生かしています。