お知らせ・ニュース

日専連ライフサービス社員による福島県復興支援活動について

掲載日:2012/8/23


東日本大震災から既に1年と5ケ月以上が経過しましたが、福島県は大震災に加えて発生した原発事故による風評被害で、未だに農林水産業を中心に深刻な状況が続いております。
 この度、弊社は福島県庁と連携し同県の復興を支援する「提携カード(Fukurum Card)」を発行することとなりましたが、「カード以外でも福島県の復興にお役に立ちたい」という社員の声が上がり、その第1回目の実践として、JA新ふくしまが運営する農地において、農作業のお手伝いをさせていただきました。
 
【支援活動内容】
実 施 日:平成24年7月20日(金)
場   所:JA新ふくしまファーム(福島県福島市土船)
参 加 者:弊社社員15名

行った作業:@ビニールハウス2棟で、キュウリの苗木(約2,400本)の定植作業    
A畑でのジャガイモ堀

参加した社員からの感想です。
「普段、スーパー等で購入している野菜を作る作業がこんなに大変なものとは思わなかった」

「初めての作業で戸惑いましたが、非常に有意義な体験になりました」
「JA担当者のお話(手間をかけて育てた野菜が風評被害で売れない)を聞き、これからも可能な限り、福島県復興に向けた支援活動に積極的に取り組んでいきたい」



■Fukurum(フクラム)Cardについてこちらをご覧ください。
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=29638